頭痛と自律神経

頸椎のズレ

前回のブログにも書いたように、頭痛の原因は頸部の血行不良によって脳にうまく血液が回らないことで起こっています。

原因は姿勢の悪さ、ストレスなど。

その中でも多く見られるのが頸椎2番のズレです。

そこの調整をしてあげればすぐにおさまります。

しかし、頸椎のズレによって起こる症状は頭痛だけではありません。

自律神経失調の引き金にもなってしまうのです。

 

上部頸椎と脳幹

頸椎2番、上部頸椎とも言いますが、なぜ大切なのでしょう。

そこには、脳幹があるからです。

脳幹は生命維持に必要不可欠な働きをしています。

呼吸・発汗・体温調節など。

脳幹は自律神経のコントロールセンターともいわれます。

なので、自然治癒力は脳幹の状態を整えることで高めることができます。

 

脳幹を活性化させよう

脳幹のオーバーワークは、常に体を緊張させ続け、体のバランスを崩します。

そのストレスと、バランスの崩れた体を使うことの影響は、上部頸椎に集中します。

元々の頸椎の歪みと脳幹のストレスからくる歪みが合わさって、神経圧迫を起こし、それが、さらに脳幹の負担になっていく。

この悪循環から、自然治癒力や、回復力を期待する方が無理です。

上部頸椎を調整することで、頭の位置を適切な重心位置に納まらせ、体のバランスを取り、脳幹の負担を軽くしていきます。

すると脳幹は活性化し、本来の生命体を守るという使命に全力を尽くせるようになり、自然と治癒力、回復力を高めることになります。

なんとなく体がだるい、最近ちょっと疲れやすい、頭が重い・痛い、めまいがする…

このような症状ってなかなか他人に理解されにくく辛い思いをしたことがある方も多いとおもいます。

頭痛は優しい人に多いのです。

そんな心の優しい方は、脳幹を調節して元気な毎日を取り戻しましょう。

関連記事

  1. 産後ケアで大切な「骨盤底筋群」!

  2. 日本人の頭痛患者は3000万人

  3. 本気で姿勢を正すには!

  4. 日本の産後うつの発症率は10~20%

  5. 足のむくみ

  6. 骨盤ケア→痛くないカラダ→しなやかで力強い身体→「本当の自分…