産後の骨盤ケアが必要な訳

産後のママにとって大きな悩みのひとつである骨盤周囲のトラブル。

それを放っておくと、後々に様々なトラブルが出現する可能性がでてきます。

今回は、そのことについて書こうと思います。

出産によって骨盤はどうなるの?

まずは、出産をしやすくするための、生理的な身体の変化です。

10センチにもなる赤ちゃんの頭が産道を通り抜けられるように、リラキシンというホルモンの作用で、骨盤周りの靱帯が緩みます。

このホルモンは、妊娠中~産後2,3日、特に妊娠後期に増え、分娩時の恥骨靱帯を伸ばすなどの作用があります。

つまり、分娩には絶対に必要なホルモンなのです。

「恥骨結合 イラスト フリー」の画像検索結果

主に、恥骨結合を緩める作用があるため、それにより骨盤が身体を支える力が弱くなるので、ケアを怠ると産後の身体の痛みの原因にもなります。

リラキシンは妊娠中から分泌されているため、帝王切開での出産でも骨盤は緩んでいると考えます。

妊娠中の体型の変化による影響

妊娠中はお腹が大きくなり、重心が前に移動してしまいます。

それによって、骨盤が前に傾き、腰が反り気味になりやすいのです。

 

そのため、太ももの前面に力が入る立ち方になり、筋肉のバランスを崩すことになり、肩こりや腰痛などの原因になるので、元の重心に戻してあげることが重要になってきます。

骨盤周囲の筋肉の緩み

 

産後のケアで最も重要な要素のひとつとも言えるものが、骨盤底筋群の緩みです。

骨盤底筋とは、骨盤を支える筋肉で、膀胱や子宮、腸などを支えるとても大事な筋肉です。

ここが緩んだままだと、骨盤が締まりきらなかったり、尿漏れなどのマイナートラブルの原因にもなります。

体幹筋のひとつでもあるので、腰痛との関わりも大きく、とても大事な筋肉なのです。

その反面、鍛えづらく、また意識しにくい筋肉でもあるので、適切なトレーニングが重要になってきます。

間違えた方法でトレーニングを行うと、逆効果になるケースもあるので、当院でも一人一人に合った指導を行い適切なケアを行っています。

産後リハビリはカラダを整えるチャンス

 

まずは、骨盤を歪みがない状態にし、その後で緩んだ骨盤を締めていきます。

それと、平行して、弱くなった骨盤周囲の筋肉を適切に鍛えていきます。

また、骨盤が緩んだことで下がってしまった内臓を正しい場所に戻してあげます。

同時に、それまでのカラダの使い方のクセや、姿勢を見直しすことで、出産前よりも元気なカラダを手に入れて、元気で楽しい育児ライフを送って欲しいと願っています。

 

産後の骨盤のケアを怠ると、後々のマイナートラブルの原因にもなります。

自分だけのカラダではなく、赤ちゃんにとって、家族にとっても大事なカラダです。

産後のリハビリが当たり前になり、育児に悩むお母さんが日本からいなくなる日がくればいいですね。

ライン@での予約方法
1.友達追加 QRコードでご登録。

2.メッセージ入力
「お名前」「お電話番号」
「ご希望の予約日時」を
ご記入のうえ送信してください。

【金沢 恒心堂接骨院 産後ケア 骨盤矯正 腰痛 肩こり】
金沢市窪6丁目245-1 076-209-0878

 

関連記事

  1. 産後ケアで大切な「骨盤底筋群」!

  2. 産後のケアを当たり前にしたい

  3. 足のむくみ

  4. 産後ケアで綺麗なカラダを手に入れましょう!

  5. 正しい呼吸法~実践編~

  6. 日本人の頭痛患者は3000万人